『ISO30414』コンサルティングサービス

ISO30414とは?

SDGsに基づく、企業の持続的成長(サステナビリティ)の流れを受け、2019年にISO(世界標準化機構)より発行された、「人的資本の開示(Human Capital Report)」に関する国際ガイドライン。
正式名称は
Human resource management — Guidelines for internal and external human capital reporting
(人的資源管理ー人的資本に関する外部および内部への開示についてのガイドライン)
11領域58項目の測定項目が規定されており、企業側は投資家、従業員等のステークホルダに対し国際基準に基づいた客観的な情報公開を行うことが可能となりました。

弊社のISO30414専任コンサルタント(ISO30414 Lead Auditor/Consultant Certification資格所持者)によるコンサルティングを実施いたします。

ISO30414を導入するメリット

ISO30414を導入し、社内外に情報を開示することで定量的に組織を評価することが可能となり、
・人事制度やプロセスの透明度が向上による、組織の生産性向上
・人的資本に対する企業の取り組みへの理解が深まることで、企業価値の向上
などのメリットが社内外問わず見込めます。

人的資本への再投資サイクルの実現企業の持続的成長、企業価値の向上


サービスについての疑問や質問、
その他お気軽にお問い合わせください!

ISOコンサルティングサービス概要

当サービスは、5つのステップ毎に助言、教育、ファシリテーションを行い、ISO30414導入による社内体制整備と情報開示をサポートさせていただきます。

ISO30414を理解する

サービス内容:
ISO30414とは何か、導入の意義とメリット、導入フローの理解を深めていただくため、オリエンテーションやエデュケーションを行わせていただきます。(経営幹部、人事部、IR室等関連部署対象)

優先課題を決定する

サービス内容:以下の4つに項目を細分化し、助言・ファシリテーションを行わさせていただきます。

  1. 導入の目的、ゴールの確認 
  2. ISO30414全体に対する優先課題を決定する(経営方針の確認) 
  3. 現状把握と整理(HRシステム面、運用面) 
  4. 測定可能項目調査 
目標を設定する

サービス内容:以下の4つに項目を細分化し、助言・ファシリテーションを行わさせていただきます。

  1. 経営方針に基づいた測定項目の選定
  2. 目標の評価基準を定める
  3. 目標水準を定める
  4. 測定手順、運用フロー確定
経営へ統合する

サービス内容:以下の5つに項目を細分化し、助言・ファシリテーション・エデュケーションを行わさせていただきます。

  1. 測定実施支援
  2. 目標の組織への定着
  3. 目標に沿って組織を最適化し、目標を落とし込む
  4. 社内への啓蒙・周知(全社教育)
  5. 測定結果分析・レポート作成支援
報告とコミュニケーションを行う

サービス内容:以下の5つに項目を細分化し、助言・ファシリテーション・クロージングを行わさせていただきます。

  1. 社内情報開示の実施
  2. 社外情報開示内容(手法、項目、フォーマット、手順)確定
  3. 社外報告の実施(統合報告書等)
  4. 投資家からの質問対応サポート
  5. 効果測定サポート

コンサルティングサービス、コースのご紹介

貴社のご状況に合わせ、3つの中から最適なコースをご提案、ISO30414の導入をサポートさせていただきます。

1.導入支援コース
自社主体でISO30414への対応をご検討のお客様向け。
2.導入支援・
トレーニングコース
導入・運用に必要なトレーニングを実施、長期的な推進活動を十分にサポート。
3.事前監査コース
現状の対応状況につき、模擬監査を行い、適合性を監査。

1.導入支援コース

自社主体でISO30414への対応をご検討のお客様向け
実務適用への具体的な解釈が難しいISO30414の規格の解釈、対応のポイントや方針についてのアドバイスやご不明点へのQA対応、進捗や作業管理、対応をサポートする資料やテンプレートのご提供など、貴社でのスムーズな導入推進へ向けてのサポートをいたします。

ご提供内容

  • 定例会議(月1回)クライアント企業様ご指定場所にて
  • オリエンテーションおよびスケジューリング、ゴールの設定
  • 経営層に対するプロジェクト説明
  • 現状調査、対応方針に対する助言個別ご対応項目に対する助言、コンサルティング支援
  • 必要なテンプレート等文書のご提供もしくはアドバイス
  • 導入にあたっての社内教育支援
  • 対外開示支援
  • お問い合わせ対応

※原則としてメール、電話、Web会議等によるリモート対応(適宜実施)


2.導入支援・トレーニングコース

導入支援に加え、推進メンバーへISO30414推進に必要な知識やノウハウ、正しい解釈などの講習を実施いたします。各測定項目の詳細あを含め、当社所属のISO30414認定コンサルタントによって導入・運用に必要なトレーニングを実施し、企業様の長期的な推進活動を充分にサポートいたします。

ご提供内容

1.導入支援コースに加えて、全12回(6カ月)のコンサルティングを実施させていただきます。

コンサルティング内容(予定):
第1回:
オリエンテーション。体制・スケジュール。ISO30414概要。導入事例、市場動向。ゴールの確認等。
第2回:
ISO30414規格総則、一般事項。測定ツールの提供・使用方法説明。
第3~10回:
当社作成マニュアルを使用し各回7~8項目の測定項目の講義(定義、測定方法、注意点など。全58項目)。測定実施項目に対するQ&A、アドバイス。
第11回:
確認テスト。社内教育支援ツールのご説明。情報開示関連(フレームワーク)。Q&A。
第12回:
全測定実施項目に対する評価、アドバイス。質疑応答。クロージング。

※Webミーティングにて月2回開催。(初回のみリアル可)。1回1.5時間(講義1時間、Q&A30分)


3.ISO30414事前監査コース

貴社におけるISO30414への現状の対応状況につき、模擬監査を行い、適合性を監査します。自社の現状認識とともに、今後の対応についての方針を立てる上で必要なアドバイスもご報告。対応へ万全のサポートをいたします。

ご提供内容

事前の書面監査に基づき、弊社にて監査計画書を作成。それに基づき現地でのインタビューおよびエビデンスを取得(2-4日間)。結果に基づきISO30414との適合性についてギャップ分析を実施。その結果も含めて第三者報告として監査報告書を提出。
さらに、模擬監査ならではの特徴として、現状の課題や改善へのアドバイスも提出。通常の監査では得られないプロフェッショナル視点での「気づき」もご報告いたします。上記①や②との組み合わせも可能です。当社認定コンサルタントを含めた監査チーム(2名以上)にてご対応いたします。

【納品物】

監査計画書、監査結果表(ヒアリング内容、エビデンス等詳細)、ギャップ分析表、監査結果報告書(アドバイスや気づき事項含む)。


サービスについての疑問や質問、
その他お気軽にお問い合わせください!

関連コラム

コンサルタント紹介

ISO事業担当

杉江 幸一郎
事業開発担当マネージャー ISO30414リードコンサルタント

東京大学経済学部経営学科卒。大手メーカー、通信事業者、IT企業など上場事業会社にて経営戦略、事業企画、新規事業立ち上げ等の責任者を歴任。上場企業の取締役、CISOおよびISO事務局を担当。

コトラでは、ISO30414、コーポレートガバナンス、IFRS支援、内部統制支援業務のプロジェクトマネジメントに従事。 ISO30414 Lead Auditor/Consultant Certification資格所持者。
phone. 03-6277-7050


ESG開示事業担当

村上 慶
コンサルタント ISO30414リードコンサルタント

東北大学法学部卒。東海銀行(現三菱UFJ銀行)にて有価証券運用を担当。地方銀行及びトヨタファイナンシャルサービスにて市場リスク管理に従事後、年金コンサルティング会社で資産運用アドバイザーを担当。CFA協会認定証券アナリスト。

コトラでは企業年金、ESGや開示業務に関するコンサルティング業務に従事。
ISO30414 Lead Auditor/Consultant Certification資格所持者。
phone. 03-6277-7050


取締役会支援、人材・組織担当

澤田 祥大
コンサルタント

東京大学公共政策大学院修了。米国ジョージタウン大学への交換留学経験を持つ。

コトラでは、コンサルタント、リサーチャー業務、採用企画業務等に従事。
取締役会支援、人材紹介、組織・人事コンサルティング担当。
phone. 03-6277-7050

サービスについての疑問や質問、
その他お気軽にお問い合わせください!